\n

紐づけたいアカウントを選択してOKを押します。もしGoogleアカウントを持っていなければここで作成する必要があります。

\n

\"\"
\"\"/

\n

簡単でしたね。これで一旦はセットアップ終了です。「OK Google、こんにちは」とでも話しかけてみて動作確認してください。

\n

RM mini3

\n

① RM mini3を電源につなぎます。
\nUSBケーブルしか同梱されていないので、変換するなどしてコンセントから接続するとよいでしょう。PCとつなぎっぱなしでもいいよという方はPCのUSBに挿してもいいと思います。

\n

② 野良アプリをインストールします。
\n新しいバージョンだと、日本国内向けのプロテクトで弾かれることもあるらしく、Google Playからではない登録をします。セキュリティのリスクを承知の上で自己責任でお願いします。Google Playに登録されていた古いバージョンを入れるので大丈夫だとは思われますが、使用しなくなった古いAndroidスマホに入れることで少しはマシかもしれません。私はそうしています。
\nIntelligent Home Center apk

\n

③ Intelligent Home Centerセットアップ
\nまず、Androidスマホの言語設定を英語にします。こちらはお使いの端末によって少し違いますが、設定→言語でEnglishを選択するなどしていただければできるかと。
\nそして本体のResetボタンを細い何かで押してください。すると青ランプが点滅する同期モードになるはずです。これでスマホがWi-Fiに接続されていればアプリにRM mini3が認識されます。

\n

④ Intelligent Home Center設定方法(リモコン編)
\nここからが大変地道な作業となります。ひたすら赤外線リモコンを一つづつポチポチしながら、それに名前をつけていきます。
\n「デバイス」を選択します。
\n

\"\"
\"\"/

\n「RM mini3」を選択します。
\n
\"\"
\"\"/

\n「アプリケーション追加」を押します。
\n
\"\"
\"\"/

\nここでは例として「エアコン」を選択します。
\n
\"\"
\"\"/

\n「ユーザ定義」で設定します。ちなみに、もし該当のメーカーがありそうであれば、二番目の「ブランドから選択」を選ぶと楽になります。
\n
\"\"
\"\"/

\n「+」ボタンを押します。
\n
\"\"
\"\"/

\nすると、学習待機の状態になるので、RM mini3(黒色の本体)に向かって、エアコンのリモコンの任意のモードのボタンを一度押します。
\n
\"\"
\"\"/

\nエアコンの場合、今押されたボタンが、どのモードか(自動、冷房、暖房、送風、ドライ)、風強度が何か(自動、弱、中、強)、温度が何度かを選択します。
\n
\"\"
\"\"/

\nうまくRM mini3に認識されれば、テストモードになります。動作確認をするので、今回でしたら、一度エアコンを消してから「テスト」ボタンを押して本当にエアコンが点くかを確かめます。
\n
\"\"
\"\"/

\nうまくいったかを尋ねてくるので、良ければ「はい」を、駄目だったら「いいえ」で再学習です。
\n
\"\"
\"\"/

\nアプリ上のリモコンにボタンが定義されます。
\n
\"\"
\"\"/

\n各リモコンによって画面は異なりますが、このようにRM mini3に向かって対象のボタンを押して覚えさせて、それに名前を付けるという作業を繰り返します。TVを学習させようとする場合は、チャンネル定義が必要なので、特に根気が要ります。

\n

⑤ Intelligent Home Center設定方法(シーン編)
\n残念ながら、上記で終わりではありません。今までの設定で、IHCのアプリからは各家電を操作できますが、Google Homeを使った音声操作はできません。Google Homeに認識させるには、シーンというものを定義しなければなりません。Google HomeでRM mini3の機能を呼び出せるのは基本的にはシーンだけです。
\nまず、「シーン」に移動し、「+」ボタンを押します。
\n

\"\"
\"\"/

\nすると、以下のような画面になるので、「シーン名」と「対応するボタン」を選んでください。「シーン画像」は任意項目なので省いても大丈夫です。ここでは例として、照明をオンにするボタンを設定しました。
\n
\"\"
\"\"/

\nこの時、シーン名を工夫すると自然な応対ができます。Google Homeでの呼び出しは、「(シーン名)をつけて」で、その際のGoogle Homeの応答メッセージは「分かりました。(シーン名)にします」となります。呼び出しはショートカットという機能でどうとでもなるのですが、応答メッセージは変更できないので、上記メッセージが自然になるような「シーン名」にするとよいでしょう。例の通りだと、「電気をオンにします」で自然ですが、”電気を点ける”というシーン名にしてしまうと、「電気を点けるにします」という不自然な返しになってしまいます。

\n

私自身のシーン設定は以下のようになっています。
\n

\"\"
\"\"/

\n多いですね。。更に下にもまだまだあります。ここも面倒ですが一つづつ定義が必要です。あともう一息!

\n

Google Home & RM mini3

\n

① Google Homeにアプリを紐付ける。
\nメニューを開き、
\n

\"\"
\"\"/

\n「スマートホーム」を押します。
\n
\"\"
\"\"/

\n「+」ボタンを押します。
\n
\"\"
\"\"/

\n(こちらは既に設定済みの画面ですが、)「BroadLink Smart Home」を探して選択します。
\n
\"\"
\"\"/

\nうまくGoogle HomeとRM mini3の紐づけに成功すると、以下のように作成したシーン名が認識されて表示されるはずです。
\n
\"\"
\"\"/

\n

② ショートカットの設定
\nここが最後の大変なポイントです。これまでの設定で、例えば上記設定で「OK Google、エアコンをオンをつけて」と話しかければ家電を音声で操作できるようになりました。ただ、日本語として変ですよね?これをGoogle Homeのショートカットという機能を使って呼び出し方を変えます。そしてこれも、シーン名に対して一つづつ設定しなければならないので、かなり骨の折れる作業です。
\nメニューを開きます。
\n

\"\"
\"\"/

\n「その他の設定」→「ショートカット」を選択します。
\n
\"\"
\"\"/

\n
\"\"
\"\"/

\n「+」ボタンを押します。
\n
\"\"
\"\"/

\n呼び出し時の(自然な)メッセージのパターンを上部にいくつか入力します。また、前述したRM mini3呼び出し方である、「(シーン名)をつけて」を下部に入力します。
\n
\"\"
\"\"/

\n※ ここはコツが色々とあるので、以下を読みつつ、試しながら設定してください。
\n・漢字とひらがな、カタカナを区別します。例えば上記だと、「でんきつけて」と入力してしまうと、恐らく反応しません。日本語版ならではの難しい所だと思います。
\n・マイクでの入力をお勧めします。自分が発声したときに、どのように漢字変換されるかは分かりかねるので、言ってしまうのが手っ取り早いです。
\n・入力パターンはいくつか設定したほうがいいです。これは使っていての経験則ですが、日常生活では呼び出し方の表現は結構揺れます。上の例のように”を”の有る無しなど。面倒ですが、ここで思いつく限り設定しておくと、今後の生活でのイライラが軽減されます。

\n

これで設定は完了です!

\n

終わりに

\n

いかがでしたでしょうか?もの凄く大変だったかとは思いますが、これでスマートホームな快適生活が送れます。私は照明、TV、エアコンを設定しました。TVをつけたり、チャンネルを変えたりも音声操作できるので、リモコンを探すという不毛なこともしなくてよくなりました!総じて快適で、元の生活には戻れそうにありません。

\n

参考にしたサイト

\n\n

関連記事

\n

【感想】Google Homeを1ヶ月使ってみて

\n

\n

【小ネタ】Google Home mini~ハッピーバースデーを歌わせる~

\n

\n\n","datePublished":"2018/05/06","dateModified":"2018/05/06","mainEntityOfPage":{"@type":"WebPage","@id":"https://sun0range.tech.server-on.net/life/google-home-mini-rm-mini3"},"author":[{"@type":"Person","name":"nisioka","description":"オレンジ好きの中で最強のエンジニアになりたい。","url":"https://sun0range.tech.server-on.net","sameAs":["nisioka55","nisioka"]}],"publisher":{"@type":"Organization","name":"分かりやすい技術ブログ","description":"誰にでも分かりやすいをモットーに、IT技術的な内容を投稿するブログです。","logo":{"@type":"ImageObject","url":"https://sun0range.tech.server-on.net/favicon.webp","width":512,"height":512}}}]

格安でスマートホームに【Google Home mini&RM mini3】

格安でスマートホームに【Google Home mini&RM mini3】
カテゴリ
生活
タグ
Google Home
RM mini3
スマートスピーカー
スマートホーム

流行りに乗っかり、我が家でもGoogle Homeを使ったスマートホーム化をしてみました。そして合わせて、赤外線リモコンで操作する家電も音声操作できるようにしました!ので、ここに手順を残そうと思います。

はじめに

初めに断っておきますが、今回は費用を極力抑えたため、手順が結構複雑、かつ、面倒になっていますので、覚悟はしておいてください。そのかわり、私の金額実績としては、5000円を切る、4647円([note]内訳は、Google Home mini:3240円(某家電量販店で5000円以上同時購入でのセール価格)とRM mini3:1407円(Lightinthebox.com)[/note])でした。

準備するもの

  • Google Home mini
    Google製のスマートスピーカー。同Google Home(約15000円)もあるが、機能は全く一緒。違いはスピーカ性能のみです。miniで音楽かけて使っていたりしますが、私は音質が悪いと感じることはなかったです。
  • RM mini3
    通称黒豆。白いeRemoteは販売店が違い値段が2~3倍違う。赤外線リモコンで動作する家電を登録し、Google Homeと連携と連携できるようにするもの。Google HomeはblutoothやWi-Fi接続された機器しか認識できないため、何かしらのこういった機器が必要。
  • 2.4GHz対応のWi-Fiルータ
    上述のRM mini3が2.4GHz帯しか対応していないためです。ただ、結構古くから2.4GHz帯対応のルータがほとんどなのでおそらく大丈夫ですが事前に確認を。
  • Android 端末
    RM mini3を操作するアプリを入れる必要があります。
  • USB→コンセント変換器
    RM mini3にはUSBケーブルしかついていないので、USBをコンセントプラグに変換して給電させる必要があります。

関連記事

  1. LINEメッセージをGoogle Homeに喋らせる方法【Raspberry Pi3使用】

    表題の通り、例えば外にいる人がLINEで「これから帰ります」と打つと、家のGoogle Homeが読み上げてくれて、LINEに気づかなくても分かるようになるという生活ハックです。 逆の、Google HomeからLINE […]

  2. 【小ネタ】Google Home mini~ハッピーバースデーを歌わせる~

    Google Home miniの機能のうち、(あまり使わないであろう?)小ネタを紹介します。「ハッピーバースデーを歌って」というと以下の2パターンで歌ってくれます! その1 その2   、、、誰を祝って欲しい […]

  3. 【感想】Google Homeを1ヶ月使ってみて

    以下の記事で、Google Homeを導入して我が家をスマートホーム化してみたわけですが、率直な感想をまとめようと思います。もちろん、あくまで主観なので悪しからず。 格安でスマートホームに【Google Home min […]

  4. 格安でスマートホームに【Google Home mini&RM mini3】

    流行りに乗っかり、我が家でもGoogle Homeを使ったスマートホーム化をしてみました。そして合わせて、赤外線リモコンで操作する家電も音声操作できるようにしました!ので、ここに手順を残そうと思います。 はじめに 初めに […]